2008年09月

埼玉の越谷に 国内最大だか 首都圏最大だかの イオンモールができた。
(現在 ソフトオープン中  10/2 グランドオープン)


たまたま 弟が 仕事の関係で ショッピングモールへ応援にいっていたらしく

携帯メールを送ってきた。


ペットショップらしい。

なんでも 写っているものすべて おやつだとか。

そして 横に巨大な上に 二棟あり しかも3階建て。


私は 絶対に 途中で倒れるだろう…。

いや  その前に 迷子になるか。



弟に 『RUIに 土産のひとつも あるんだろうね』 とメールしたら

『たくさんありすぎて 選べません』 と 冷たい返信が…。


ショップリストを見たら  『ユザワヤ』 も 入っていました。

千葉からは 電車でちょうど 一時間だけと 行くかどうか 微妙…

豊洲のららぽですら 行ってないのだからねー。


◆イオンレイクタウンHP

私のHPに初めて来られる多くの方が

羊毛フェルト関連の検索ワードでの訪問です。



フェルトについて 興味はあるけど まだ何もわからない方も多いと思います。


そこで今回は ニードルフェルトを始めるにあたり

最初に必要なものを 記事にしますね。




◆まずは専用針です。


細いもの 太いもの 色々ありますが 最初は 標準針だけで十分です。

フェルティング用ニードル/[1本タイプ] ×2本入り

最初は折ってしまう事も多いので 5本くらいあると安心です。




◆そして チクチクする

荒目で少し弾力のある 発泡スチロールのような素材です。


台所用スポンジや 専用ブラシ もよく紹介されていますが

私は このくらいのサイズが必要だと感じていますので

この専用台を載せておきます。


これ一枚だと 下へ針が突きぬけますので 雑誌などを下に敷いて使用してください。

フェルティング用マット




◆材料となるベース専用フェルト


私は 羊毛専門店から 繊維が太く固まりやすい

ロムニーという種類の羊毛を取り寄せて使っていますが

まずは こちらの ベース専用羊毛で様子を見てもいいと思います。


ニードルわたわた




◆さて制作です。


でも 最初は キットを購入して どんなものなのかを体験するのがベストです。

フェルト羊毛キット/くまさん

フェルト羊毛キット/ほねのおもちゃと子いぬ


2体も作れば 様子がわかりますので その後 専門店で 作りたいものに応じた

色や種類の羊毛、針 を購入するのが逆に近道だと思います。



キットといっても 最初から 耳のかたちや 鼻先など アレンジしてオリジナルも
作れますしね。




個人的な意見としては こちらの 三本針のタイプは 小さな立体を作っている限り
使用頻度は少ないでしょうね。

(私も最初買いましたが 今はまったく使っていません…)





ボンドは 乾くと透明になる 手芸用・フェルト用 と書かれたものがおすすめです。

クチが細い方が鼻パーツをつける時など 便利ですよ。





色々と試したあとは 様々な専門店から

鼻パーツ や 専用針、 羊毛を仕入れ 思う通りにオリジナルを

作って楽しみましょう

チョビさん作の RUIモデルのロゴイラスト  今度は印刷して額入りに

(次は 文字を入れる等 もう少し工夫して 印刷してみます…)



ガラス面から ちょっと奥行きのある額なので 隙間に 恐れ多くも

DEN師匠 から頂いた シュナちゃんを配置。 



いえね、私が作った粘土作品を入れたいところなんですよ。 ホントは。

でも この隙間に入るような 小さくて可愛い作品は

あと100年くらい修行が必要で… もごもご…




そういえば DEN師匠は有名なフィギア作家ですが 
現役バリバリのイラストレーターでした。(奥様もっ!!)

ワオッヽ(`◇´)/ 。  


************************************

今日のRUIさん



撮影中の シルバーのヨーキーの子に ご挨拶です。



◆DENさんの著書です。
How to sleep

真夏は まったく陽が差し込まなかったベランダにも

だいぶ奥まで日差しが入って来ました。




RUI嬢の日光浴も 全身に陽が当たり 気持ち良さそうです。


あ、じゃまでしたか。




まさか 本当に建つと思えなかった 地元の高層マンションも

ついに 43階の最上階の工事に入っています。



最上階を買おうと (ウソ) ショールーム見に行ったなぁ…


リビングの窓 開かないの??? って ひそかに驚いたっけ。



この周りには 20階程度のマンションが ジャカスカと建ってきて

はたして売れているんだろうか…と

ヒトゴトながら心配になってきます…


このマンションのすぐ後ろには 20階だったかの ホテルが建つそうで…

まぁ さびれたままよりは ずっといいかな、ナンテ。



さて ベランダでたそがれている時間があったら

オーダー品を作らなければならないのですが

ちょっと 気温の変化に身体がついて行かない人が一人と 一匹…


RUIは 食後に吐いてしまったり ちょっと元気が無かったりしています。
(でも 散歩はずんずん歩くし うんぴも元気なので 大丈夫のようです)


一方 私は 頭痛がひどく 吐き気がきたり まぁいろいろと。


どっちも重症では無いので 心配には及びませんが

本調子じゃない、って所でしょうか。



そろそろ気温も安定し 復活の日は近いと思われます。

がんばりまーーす。 

左側バーには すでに載せていましたが

昨日 フェルトのテクニック本が出版されました。



予約で 一時売り切れになっていましたが 復活したようなので
楽天のショップをリンクしてあります。



さっそく書店で確認してきましたが  ほほぅ と思う道具使いが載っていたりして

ヒントをいただいちゃいました。


    羊毛フェルトテクニックブック

植毛についても 他の本より丁寧に掲載されています。

でも内容が ゴシゴシフェルトと半分なので

どちららかしかやっていない方には やや 消化不良かなぁ…

それとも 一冊で二度おいしい??



両方のテクニックを使いこなして作っていたら 楽しいものが作れそうです。

◆著者の 佐々木伸子さんのブログ  『ひつじのチカラ』




そして こんな本もみつけました。

ねここね

粘土でつくる猫のマスコットなのですが とにかくかわいいです。

ポーズも 表情も。


表紙の子は ガン飛ばしちゃってますが 笑 本の中には

干支をもじっていろいろつくられた子たちや

パンダ座りのネコの作り方 なんかが載っていたりして


きっと作りターーイ と思うこと請け合いです。



◆著者の 高橋理佐さんのHP  『ねこにこんばんは』 

このページのトップヘ