2008年03月

写真は ある日のRUIです。


永遠に終わりが来ないのでは無いか、と スランプに落ち込んだ日もありましたが

昨日 オーダーのちびぐるみの製作を一応終える事ができました。
(一応、というのは まだ連絡の取れない方がお2人いらっしゃるからです)






長い方は オーダーから お届けまで 実に2年。

途中 父の入院などがあったにせよ

こんなに お待たせする事になるとは…ヾ(_ _。)ハンセイ…


これを教訓に 再開時には もっと別な方法を取れればと 無い頭をひねっております。





これから しばらくの間は オリジナルの子を 作りためようと思っています。


私のちびぐるみを オーナーさん以外の方にも 直接見て頂ける機会を作れるよう

色々な方面で頑張っていきたいのですが  その為にも 少し時間が必要なのです。



なのでオーダー再開は ちょっと先かな…。 ごめんなさい。


そして、今まで ご注文くださった方々。本当に ありがとうございました。



これからも 『ちびぐるみ』 を 宜しくお願い致します。




ごめんね RUIのじゃ無いよ。勝手に椅子に上がったのはあなたでしょ。

ひさし振りの ちびぐるみ講座。 (ってほどでもありませんが…)



白い毛って どのわんこにもたいがい使いますよね。

すぐ下の記事のシェルティでも 胸からお腹側は 白いです。



で 問題は ただ 『白』 といっても 実に色々あるし

毛の持つ雰囲気で 出来上がりが変わってきてしまう所です。



今までは ロムニー 、コリデール、 メリノ、 モヘア、 アルパカ

シュロップシャーの白 が多かったのですが

今回 新たに いくつか仲間入りしました。




この子はシュロップシャーの白です。


こんな感じでぇ~ と色々相談をして ニードル針を仕入れている 『パオ』 さんに

羊毛を送ってもらいました。



それを 丸めた土台に 植毛&カットしたのが下の写真。




写真じゃ違いなんてわからないですよねぇ~ σ(^_^;)アセアセ...



あくまで ニードルで植毛に使う、という立場での感想ですが

シェットランドは シュロップシャーと似た感触で もう少し白い羊毛です。


ブルーフェイスは 毛質が柔かく しっとり感があります。

(でも メリノよりは ずっと張りがあります)

シェットランドとシュロップシャーは パサパサした感触があって繊維感が強いのです。



それぞれを生かした形で ちびぐるみに使えるように 頑張らないと。



色々と相談に乗ってくれますよ♪




***************************


父は 無事手術を終え 今日 退院致しました。

ご心配おかけしました。


今回は シェルティーの女の子2体と シーズーとビジョンフリーゼでした。


ちょっと加工してありますが なんとも言えない表情でしょう♪



何を見ているのかなぁ~



こっちは 正月に作った ねずみさんをガン見中ですね。笑


他の作品、写真は ギャラリーで是非見ていってくださいね。
ギャラリー入口 →  

春うらら、と言っても ちびぐるみの記事です。



昨日 最後の子も完成し 写真を撮っていた4体の子たちですが

その中でも とっても 『春の空気』 を感じられる写真が撮れました。




まだ オーナーさんが実物を見ていないので 後ろ姿の写真なのですが

そこがまたいい感じだと 自画自賛





          ねっ


ギャラリーへのUPは オーナーさんに無事お届けしてからになりますので

4~5日後になると思います。 お楽しみに。

このページのトップヘ