『テディベアを作った』 のではなく 正確には 『ベアらしきものを試作した』 です。


手元にある型紙でとんな雰囲気の子になるのか (← 完成写真はあるのに) 

手順を 一応確認するだけぇ~  (← ちゃんと手順は解説してあるのに) 

と思ったので  (ホントに 思いついただけ)

たまたま手元にあった RUIのシャツを作った あまり布

生地がちびっとしか無いので 一種類では足りない…

しかも ニット


ベアを作るには 多分 絶対にしてはいけない生地選びだろうなぁ…  笑


綿がぐしぐし・じゃんじゃん入るし (生地がよーーく伸びる。着心地満点。)
あいた穴が 広がる (引っ張られて ぐーーんと拡大。)

何より いーやいーや どうせ 形だけだからって 大きなグシ縫い。

なので よーーく伸びる生地に 綿を詰めると どーなるか。

はい 縫い目が しっかりジグザグ見えます。 笑

あはははは

でも ただの型を見るだけにしては ひょうきんな子になりました。



まゆげ つけてみた♪

手足はボタンでとめました。 頭だけは ジョイントを使ってみたけど
ダブルじゃないのに ぐーらぐら。


ピンがあんなに硬いとは。 敵をあなどっていた。
やはり 専用工具を買うべきか…

縫い目を見せないよう 小さめ画像… 笑


このお花が トリミングでつけてもらったチョーカーです。
何か ピッタリだったわ。




生地と詰め方がやわいので 鼻刺繍は出来ず。
かたーーくしないと 無理だという事が 身をもって判明。

アーチストベアは 凶器になるほど固い、という理由がわかった気がする…

完成すると 25�pのはずが 21�p…   ナゾだ。